• トップ /
  • 家探しで必要なアパートの敷金

家探しアパートと敷金

家探しで必要なアパートの敷金

家探しの初期費用のひとつ敷金

家探しでアパートなどの賃貸物件に契約する時には、まとまった金額のお金を用意する必要があります。このお金を賃貸契約の初期費用といいます。初期費用の目安は、地域や物件また不動産会社によって違ってきますが大体家賃の6か月分前後に設定されているのが一般的です。家探しでアパート物件に契約する時の初期費用のひとつに、敷金があります。これは大体家賃の2か月分程度で、借り手から大家さんに渡すお金です。敷金については、民法でも賃貸契約の担保金として規定されています。担保する内容は、そのアパート物件に契約してそこに住む人が果たすべき家賃の支払いと退去時の原状回復の義務です。原状回復というのは室内を元通りにして返すことで、家探しの敷金は延滞してしまった家賃や退去時の室内のクリーニングや修理費用に充てられるお金ということになります。アパートの契約を解除してそこから出ていく時には、家賃や室内のクリーニングの費用を敷金から清算します。通常、清算後に残金があれば返還されることになっています。退去時の時金の扱いについては、契約前の重要説明で解説があり契約書にも明示されています。家探しでは、アパートの敷金の扱いについて正確に把握しておくことが重要です。

バックナンバー

家探しの必須情報

↑PAGE TOP